忍者ブログ

まったり兎とせっかち兎

ホーランドロップのハルとミニウサギのフユの生活

[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自家製にんじん

我が家では自家製にんじんを育てています。
私は水やりをまったくしていなかったのですが、かわいいウサギ達のために父が作ってくれました。
では早速ハルとフユに食べて頂きましょう♪





にんじん葉のかほりに誘われて、たっちするハル。







くんくん匂いを嗅いで、食べるのかと思いきや・・・







なんとにんじん葉を踏んづけて・・・







その後、まったく食べませんでしたーーーーーー!!!!
食いしん坊のハルが食べないとは、よっぽど美味しくなかったと思われます。





一方、お隣のおチビちゃんは



真剣に匂いを嗅いで・・・







半分くらい食べてくれました。
なんて優しい子なんでしょう。







その後、気遣い屋さんのフユは、気疲れしたのか御影石の隅っこの方で休んでました。

自家製にんじん、採れたての割にはあんまり美味しくなかったようです。
やっぱ農家の方が作ってくれた野菜の方が良いなってずぼらな私は思っちゃいました。





5枚目の写真と比べて見てもらうと分かるのですが、フユのお家から空中メッシュハウスを撤去してみました。
撤去理由は、底足炎でまだ赤みがある状態なので、金網での負担をなくすためです。




↑これは撤去前の写真
 

フユは嬉しかったり、興奮すると空中メッシュハウスを駆け回るクセがあります。
撤去してみると別に気にもせず、キューブハウスにも上らなくなりました。
いっその事、キューブハウスも撤去しちゃった方がいいのかもしれません。


フユの足の様子はやや赤みがあるけれど、今のところ膿のふくらみはないです。
触ると痛がるので、空中メッシュハウスは撤去して良かったと思います。




            
PR

甘えん坊ちゃん



『ROCK IN JAPAN FES 2009』に行ってきました!!
昨年フェスで見て好きになった鶴のライブも楽しかったし、泉谷しげるのライブも還暦とは思えないパワフルさに感動してきました。
その他にもBEAT CRUSADERS・KING&PRINCE・POLYSICS・スーパーフライ・真心ブラザーズ・ユニコーン・見納めのウルフルズも楽しかった~♪
カジヒデキは42歳と思えない爽やかな短パン姿でジャンプしてて、「カジ君、スゴイ!!」って尊敬の眼差しで見てきました。


ほとんど曇り空だったので、日焼け対策を怠ったら、顔面が真っ赤っかに日焼けしちゃいました・・・
毎年いっているのに、毎回どっか日焼けして帰ってきます。
マスクで隠さないと仕事出来ないほどヒドイ顔だったのですが、ようやく治りましたよ。


私が茨城から帰宅すると、夜中にもかかわらず2ウサがお出迎えしてくれました~
姉からメールでハルとフユの様子を送ってもらっていたのですが、3日ぶりに会う愛ウサ達はもうそれはそれは可愛く見えましたよ。(親バカ)

フユの足は、フェスに行く前からまた膿がたまっている様子だったのですが、帰ってくると膿が出て傷口が固まっていました。
今はかさぶたの下あたりが少しふくらんでいる状態です。







高速でシーツを掘っているフユ。
その後、飛びシッコ。。。



サークルで遊ばせていても、素早く走り回っているのでほとんどブレブレ写真ばかり。
足のかさぶたを触っても痛がらないので、足をかばう様子はありません。







チョロチョロ動き回ってちっとも写真が撮れないので、ゴロン姿を撮ってみました。
サークルの編み目からシッポが出ているのがカワユイです♪








まだ膿が出ているので、ケージを常に清潔にして、毎日フユの足をチェックは欠かせません。
今は、右足意外は特に何も変わりない様子です。
ただ、ますます甘えん坊ちゃんになっている気がします。







フユが私にベッタリなので、ハルも負けじと甘えん坊ちゃんになってきました。
ツンデレなハルなので、私は嬉しいばかりです♪







ハルはフユと違って飛びシッコをあんまりしないので、竹マットを敷いています。
フユのシーツだらけ(洗えるように)のサークルと違ってひんやりしているようでよくゴロゴロしていますよ。








ピンぼけだけど可愛く撮れました。
ハルの大ききくてむっちりした前足をギューーっと掴みたくなりませんか♪







              




フユの足の経過

フユの足から膿が出て病院へ行ったのが7月22日。
それから一週間経ちました。
病院から帰ってきた時の足はこんな感じでした。




膿が出たところが少し陥没しているような感じです。






それから2日後。




患部の赤みはやや落ち着いてきた感じですが、すでに膿がたまっているのかぽっこりしています。
7月29日現在もこんな感じです。
全て取った訳じゃないから、やっぱりすぐに膿がたのかなって思います。
でも、去年は抗生物質を別の病院から処方されて飲ませていたのですが、その時はあまりご飯を食べてくれませんでした。
今回は薬を全く使っていないせいか、いつも通りの食欲です。
食欲が落ちなかったというのは、薬を使わなかった事がフユには良かったのかなって思いました。








右足をベッドの上に乗せて社長っぽく休憩中のフユ。
なんだかエラそうですね(笑)
今は傷口を触ると嫌がりますが、サークルで遊ばせたりしていても、足をかばう様子がないのでぷっくりふくらんではいますが、このまま様子を見ようと思います。





今年に入って初めてのスイカを食べました。
私の分をハルとフユに少しおすそ分けしちゃいましたよ♪



最初は一年ぶりのスイカに尻込みしていたフユですが、美味しそうに食べてました。
フユは赤い実だけをキレイに食べる子です。







隣から美味しそうなスイカのかほりとショリショリと美味しそうな音を聞いて、身を乗り出しているハル。
最初から躊躇することなくガブリと食べてました。







ウマウマ~♪♪♪
もちろんハルは皮までキレイに食べる子です。
そしてお皿のスイカ汁も残さず完食。






真っ赤なスイカリップスでおばちゃんに変身(笑)





明日の夜、こんな可愛い子ちゃん達を残して、私は出かけてきます。
行き先は・・・




今年で10年目ですって。
私はその間7回くらいは参加しているかも。
3日間楽しんできます!!!

ハルとフユのお世話は両親&姉にお任せしましたーー




               
 

足底炎

昨日、サークルで遊んでいるフユを見ていると、後ろ足から血が出ているのを見つけました。
ひっくり返して足裏を見てみると・・・







右足の内側からチーズのような塊と出血が見られました。
これは昨年の6月5日にもなったことがある症状。

血が若干固まった感じではあったのですが、チーズ状の塊をティッシュで軽く取ろうとしたら、フユに抵抗されて簡単には取れません。
結局、フユが自分で舐めてキレイにしていました。

その日は、一日中ご飯も●もいつも通りで元気に過ごしていました。
サークルでも足をかばう仕草がみられなかったので、気づくのが遅くなってしまいました・・・


次の日、病院で診てもらうと、「足底炎」と診断されてきました。
(足底炎はよく足裏に出来るものらしいのですが、フユは足の内側です)
ネットで「足底炎」と検索すると、人間の病気が出て来ますが、うさぎさんの場合は「足底皮膚炎」と呼ばれることが多いようです。


足底炎は膿(チーズ状の塊)が体内に残っていると何度も再発するようです。
先生がおっしゃっていたのは膿を取り除くには膿を絞り出すだけじゃなく、その周りをえぐるように取らなくては、何度も再発しやすいとの事。
先生には絵を描きながら説明してもらったで、それを元に私が絵を描いてみました。
手術するとなるとこんな感じだそうです。







ヒドイ絵ですけど・・・
膿の周りには防波堤のように膿を囲んでいる物があるそうです。
いくらキレイに膿だけをとっても、その防波堤の様な物(中のブツブツ)から膿が分泌され、繰り返し膿が出る仕組みになっているそうです。

膿を取り除くには赤ペンのように切開して取り除かないといけません。
麻酔もあるし、ただでさえ体の小さなうさぎさんには負担のかかる手術だと思います。

先生の今までの経験上では、投薬や手術をするよりも、うさぎさん自身の治癒力で治した方がいいとの事です。
下手に消毒して舐めちゃっても体に良くないし、舐めないように包帯したりするのも負担になる。
だったら、自然と治していった方が治りも早いのではないかとおっしゃってました。


昨年は別の病院で抗生物質を投薬してましたが、フユ自身もそんなに進んで薬を飲んでいたわけじゃないし、劇的に治ったわけでもない気がしました。
先生の話を聞いて、今回は消毒ナシ、投薬ナシとなりました。



フユがどうして足底炎になったか、先生と話しているとこんな事が分かりました。






またまたヒドイ絵ですけど・・・
フユの右足は骨がちょっと内側に出っ張っているようなのです。
絵では大げさに描きましたが、少しぽっこりしています。
そこに傷がついて、菌が感染し膿が出来やすくなっているのではないかと先生はおっしゃってました。
昨年この病気になってから床材やケージを常にキレイにしてきたのですが、先生からオドロキの発言が!!!


なんでフユが足底炎になったかと言うと・・・
良すぎる環境で、甘やかされて育ったからだそうです。
野生のうさぎさんだったら、ちょっと怪我したくらいでも、自力で治してたくましく生きています。
だから、足の裏だってその分丈夫なのです。

箱入り息子のように育ったフユは、足裏にもタコなんてない軟弱なもやしっ子だったんだと痛感しました。
今から野生のうさぎさんの様になれとは言わないけれど、ほとんどケージの中で過ごすよりも、サークルとか広いスペースで過ごしていれば、少しは足裏も丈夫になったんじゃないかなぁと思いました。


これからはまた再発する可能性もあるので、こまめに足裏をチェックしていきます。







病院から帰ってきたら、牧草食べて、ご褒美のパパイヤもらってお昼寝中です。







きれい好きなフユは足裏も毛繕します。
その成果もあって、傷口の今の様子はこんな感じです。







毛をかき分けないとあんまり傷口が分からなくなりました。
薬を塗らなくても、こんなに良くなるんですね。

フユは今日も食欲もあり、●も通常サイズで元気に過ごしています。
まだまだ梅雨明けしていないので、湿気には気をつけつつ、傷口を観察していきます。



                


フユの体重  1.7㎏  (+100g)


診察料   ¥1,500

消費税      ¥75

サービス    -¥5


合計    ¥1,570    

期限が切れたアニコムの保険証を持って行ってしまい、保険が使えませんでした・・・
新しい保険証を大事にしまい込んだままでした(笑)

冷え冷え御影石

ここ最近の私、ものすごくツイていない毎日だったのです。

体もなんかダルイし、職場でのミスも多かったし、出がけに家の前で自転車ごと花壇に突っ込んで泥だらけになるしで、厄年でもないのにあまりにもツイていなかったのです・・・

でも、ようやくそのツイてない日々から解放されましたーー♪♪♪
あぁーー良かったーーー!!!




少し前の写真ですが、未だに換毛が終わらないハル。
柄物のパンツをはいているみたいですね。



前よりは取れる毛の量が少なくなりましたが、こんなに長い換毛は過去最高です。








まるでマフィアのボスのような(見たことないけど)腕組み具合。
なんかずいぶん貫禄がついたような感じです。


今日は雨模様でしたが、天気が良い日は御影石を丸洗いします。
(ハルは御影石をよく食糞で汚したりするので、すぐ汚くなるんです)

洗ったら天日干しし、カラカラに乾いたら冷凍庫へ。
冷え冷えの御影石の上で気持ち良さそうに寝ている姿はたまらなくかわいいですよ。








最初は遠慮がちに御影石で涼んでいたフユでしたが・・・








満足そうな顔をしてますね~
せっせと御影石を洗った甲斐がありました♪




久しぶりにハルとフユがいたペットショップに行ってきたのですが、小さい頃のフユにそっくりのカワイコちゃんがいました。
そして、ハルよりは少し小さめのロップちゃんもいて、ナデナデしてきましたよ。
でも、「やっぱうちの子が一番」って思っちゃうのは親バカですよねーー(笑)







だって可愛すぎですもん~♪




               

 追記  07/21 21:30 フユの右足に出血&膿が出ているのを発見。
      明日、病院で診てもらってきます。
       
    

前のページ 次のページ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新CM

[05/14 Backlinks]
[12/11 ポポママ]
[08/15 cube]
[08/07 じゅん]
[04/19 豆丸ママ]

最新TB

バーコード

カウンター

プロフィール

飼い主:
ナミ
性別:
女性

ハル(たれ耳) 

ホーランドロップ(♂)

食べるの大好き   甘え上手                 ☆2006.2.17我が家へ☆            フユと一緒にやって来る

フユ(たち耳)

ネザーランドドワーフ(♂)            かと思ったらミニウサギ

誰にでも愛想がいい   焼きもちやき                 ☆2006.2.17我が家へ☆          ハルと一緒にやって来る

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe